【自宅警備員海外留学企画inフィリピン・セブ】第八話 激安フィリピン セブ島 ナイトライフ!!! 

ナイトランナー 菊之露一文字です。

『ハッピーハロウィン!!&ハッピーフライデイ!!』と言う事で、昨晩は朝までのみ歩き、セブ島の夜を満喫してまいりました。

今回は、セブ島の中心街にある、クラブ『Juliana』です。

こっちでは、クラブのことを「ディスコ」言うみたいです。

ディスコ、ジュリアナっていうワードからは、バブルの香りが漂います。

住所:Club Juliana Capitol Site Mango Avenue 6000

酒が、店で飲んでも安い事もあり、毎日のみ歩いている私ですが、やはり海外のクラブと言うと、薬や事件のデンジャーな感じも否めず、一線引いておりました。

しかし、今回周りも結構行っている事もあり、今回は突撃してみました。

結果、どうなのか?

思ったより安全です。

金曜の夜と言う事もありかなり人は多いです。昼間よりも多いんちゃうと思う程、夜の繁華街は盛り上がりを見せていました。

警備の人間の目もあるせいか、薬なんかを売っている連中も今回は確認出来ませんでしたね。

ただ、貴重品は、あまり持っていかない方が良いみたいです。

中では、人がごった返していますのでスリもあるとか!

でもこの辺は、日本のクラブでも同じ様な感じだと思います。

100ペソで入場できて、一杯のドリンクがセットで付いてきます。

安いわぁホント安いわぁと思いながら、ボディーチェックを受けて入店!ボティーチェックもしっかりやっている感じです。

ビールが一本80ペソ!

他のドリンクはよく料金が分かりません!定員に聞いても音で全く聞こえません!!レッドブルーの

カクテルが250ペソぐらいかも知れません。

結局タクシー代も含めて(タクシーはクラブから、学校があるITパーク間100ペソ※タクシーは深夜でも日本のように割り増し料金などない模様。)

トータルで1000ペソぐらいでしょうか。

日本で遊ぶ事考えたら画期的に安いですね。

こうして、フィリピン、セブ島の夜はふけていくのでした!!

「あぁ 収入さえあればこっちで暮らしたいなぁ〜」と思う無職なのでした。

PS:ビキニバーも行きたいけどお金がヤバい(泣)

円安勘弁してほしいなり〜!!!!!