新型iPhone 12発売したら買い時?スマホが欲しすぎて買えないスマホパラドックスからの脱出

もうすぐ新型iPhone 12がでるのでしょうか?

日本時間の10/14午前2時に何やら発表があるようですね。

apple製品を使い始めて10年以上。

現在使っているiPhone 6sもだいぶクタクタになってまいりました。

そろそろスマホ買い換えたい今日この頃でございます。

買い時それは、appleユーザー最大の悩み

買い時それは、appleユーザー最大の悩み
https://www.apple.com/jp/

使っているiPad Proがオーバースペックの菊之露一文字です。

関連記事

Appleは9月16日(日本時間)、第4世代となる新型「iPad Air」を発表しました。https://www.apple.com/jp/(新型iPhone)iPhone12が発表されるのか?と期待しておりましたが、今回は[…]

Apple新型「iPad Air」第4世代iPadを使ってわかった私はProじゃなかった話

apple製品で一番悩ましい事、それは買い時です。

新型製品が出る度に「いいな〜」と思うのですが、私に金銭的余裕はありません。

iPad Proですぐに新型が出た時は少し泣きましたね。

このページでは、この悩ましい「apple製品の買い時」をベースにもうすぐ発売されるであろう新型iPhone 12は、買いかどうか検討していきたいと思います。

新型iPhone 12買うにあたって最重要項目それは、機能!

新型iPhone 12にも新しい機能が盛り込まれると噂されていますね。

噂では、iPad Proに実装されている、LiDARスキャナや5G、デザインやサイズが変わるかも?のようですね。

ここで、重要なことは、

私にその機能はいるのか?

ということです。

新型iPhone 12の詳細スペックが、発表されてからしっかりと比べなければいけませんが、

自分にあったapple製品を選ぶこと

これこそが、後悔しない製品選びにつながるとiPad Proでやらかした私は反省しています。

新型iPhone 12や旧型iPhoneを買うにあたって注意するべき重要な機能

新型iPhone 12や旧型iPhoneを買うにあたって注意するべき重要な機能を見ていきましょう。

1認証システムは、顔認証か指紋認証か

スマートフォンはもはや個人情報の塊となりました。

そんな個人情報を守ってくれるのが認証システムです。

iPhoneには顔認証システムのFace IDと指紋認証システムのTouch IDがあります。

この違いは私の体感で非常に大きいと思います。

マスクをしていても、ベットで横になっても認証を解除できる指紋認証Touch IDのほうが私は使いやすい印象でした。

2充電ケーブルは、LightningケーブルがUSB-Cケーブルか?

充電ケーブルやコネクター部分は、利用するアクセサリーなどでわりと重要かもしれません。

iPad Proでは、USB-Cを利用していますが、デジカメのメモリーカードのデータを移したりするのにカードリーダーを利用しています。

充電ケーブルもUSB-Cでは、Lightningケーブルの様にケバケバに毛羽立つ事は今のところありません。

スマートフォンだけでなんでもこなしてしまう人は、ケーブルやコネクターの形状には注意が必要ですね。

3カメラの性能はどうか

カメラの性能はどうか?

これも重要な要素の一つですね。

しかし、高いものは良い!必要なら買うしかない!

コレでございます。グレードの高いiPhoneには、カメラの性能も高いものが付きます。

望遠や広角レンズのあり無しも大切ですが、私の重要な部分は、「ナイトモード」の存在です。

暗い場所でも明るく取れる、「ナイトモード機能」ですが、このモードが有るか無いかで写真のクオリティーに大きな差が生じます。

iPhone 11から実装されている機能ですが、カメラをよく使う人は重要機能ですね。

4バッテリーも持ち時間

今、私が使っているiPhone 6sは、2年前にバッテリーを新品に交換しましたが、今では1日持ちません。

買い換えを考えている原因の一つです。

仕事で使う道具の一つでも有るのでバッテリーは長持ちのものが良いですね。

モバイルバッテリーを持ち歩くのですがかさばって不便です。

5チップセットの性能

買い換えの原因のもう一つがiPhoneのチップの性能です。

最近のアプリゲームは、とにかくパワーを使います。

iPhone 6sでは、すぐ落ちるのです。

もっと軽いゲームボーイのデータ量で良いんですけどね〜!

6使える回線は、4Gか5Gか

新型iPhone 12は、5Gに対応するとかしないとか?

しかし、私の住んでいる沖縄は2020年現在、ほぼ4Gです。

空港と観光地に少し5Gがあるようですがエリアはまだまだ狭いです。

コレはすぐさま必要な機能ではないかもしれませんね。

7持った時のサイズ感

iPhone 4→iPhone 5c→iPhone 6sと変わっていった私のiPhoneでございますが、大きくなりました。

私としては、手に馴染むiPhone 4のサイズが良かったです。

今回、iPhone 12miniが出るとか出ないとか。

私としては指が短いので小さい方が良いですね。

8LiDARスキャナって使う?

今の所、この画期的といわれるLiDARスキャナは、使いどころが見当たりません。

iPhone 12に実装されて便利なアプリが出てこれば今後必要になるかもしれませんね。

やっぱコスパ!結局のところ価格が安かったら買い?

やっぱコスパ!結局のところ価格が安かったら買い?

新型iPhoneの買い時、結局の所、価格が現行の物と大差なく機能面が進化したなら新しい物を買います。

新型iPhoneの値段が高い様なら、価格の下がった旧型を買うのも手かもしれません。

日常の生活で使う機能がわかっていれば必要以上のものを買う必要は無いでしょう。

結局のところ、やっぱコスパ!価格の安い高いが決めてになると思います。

もはや現代の哲学か?スマホは毎日使う物だから・・・・?

もはや現代の哲学か?スマホは毎日使う物だから・・・・?

スティーブ・ジョブズが、この世界にiPhoneを誕生させたのが2007年。

たった13年で人類のにとって3本目の手の様に必要不可欠となった現代で、スマホにおける考え方は大きく分けて2つあると思います。

「スマホは、毎日使う物だから少しでも良い物を」という考え方と

「スマホは、毎日使う消耗品だから安くてOK」という考え方

どちらも正しいと思います。

今の私のiPhone 6sは、写真があまり綺麗に取れません。もしかしたらすごくバズる写真が取れるチャンスを逃してきたかもしれません。

しかし、私はスマホをよく落とします。先代のiPhone SEは、水に浸かりその時は奇跡の復活を遂げたのですが、砕石の駐車場で落とし画面を破損。

壮絶な最後を遂げました。

どちらかといえば、「スマホは消耗品という答え」に近づこうとしています。

少しでもお値打ちに良いスマホが買いたくて結果、買う事ができないスマホパラドックス

少しでもお値打ちに良いスマホが買いたくて結果、買う事ができないスマホパラドックス

私のiPhone 6sは、スマホ本体一括0円の最後の時期に購入というか、いただきました。

現在は、大規模なキャッシュバックや端末代金の値下げは、行われておりません。

楽天さんが、ポイント還元のような事をやっている様ですが・・・。

 

少しでもお値打ちに良いスマホが買いたくて、その結果、買う事ができないスマホパラドックスにおちいろうとしています。

「パラドックス」それは、

正しそうに見える前提と、妥当に見える推論から、受け入れがたい結論が得られる事を指す言葉である。

Wikipedia

「スマホパラドックス」は、新しいスマホが欲しいあまり調べる→新しいスマホが出る噂を目にする→結果スマホが買えない。

欲しすぎる故に買えない!

コレがスマホパラドックスなのです。

菊之露一文字
菊之露一文字
私は、コレで7、8、10、11と見送ってきました・・・・。

この期間、appleストアや携帯販売代理店の価格を見てきましたが端末の価格は、一定量下がる事はなく、安くなりませんでした。

今後、携帯通信料金の引き下げ議論はさらに加熱していくので、スマホ端末の割引や値下げは期待できないでしょう。

スマホパラドックスからの脱出!新型iPhone買い時それは?

では、どのタイミングで買うのか?

スマホパラドックスからの脱出(買い時とは)いつなのか?

私が出した答えは、

新機種が出たら旧機種を買う!

です。

そして、今回買うのは、「iPhone SE(第2世代)」です。

モデルデザインスペック(チップ)同等スペックの価格差
iPhone SE(第1世代)52,800円iPhone 5と同様 61,680円iPhone 6sと同等 86,800円34,000円(iPhone 6sとの価格差)
iPhone SE(第2世代)44,800円iPhone 8と同様 78,800円iPhone 11と同等 74,800円30,000円(iPhone 11との価格差)

iPhone SE(第1世代)は、iPhone 5などのデザインを引き継ぎ中身はiPhone 6sと同等のスペックでした

iPhone SE(第2世代)は、iPhone 8などのデザインを引き継ぎ中身はiPhone 11と同等のスペックでした

iPhone SEは、廉価版という位置付けですが、発売時期はベースデザインの後期に出現します。

それは、ジェネリックスマホであることにも原因はあると思います。

それまで使い倒した設計や部品が、そのままなら原価も抑えられます。

今回、iPhone 12でデザインの変更が行われれば、iPhone SE(第3世代)の発売時期は、少なくとも2世代は新しいデザインベースのiPhoneが発売された後です。

この法則が正しければ、次にiPhone SE(第3世代)が発表されればその次のiPhoneは、新しいデザインになるかもしれませんね。

そして、新型iPhone 12のデザインこそ、次のiPhone SE(第3世代)のデザインなのです!

この法則を元に私は、新型iPhone 12が出たらiPhone SE(第2世代)を買います。

これが吉とでるのか凶とでるのか?たのしみですね〜!

菊之露一文字
菊之露一文字
信じるか信じないかは、あなた次第です!